2012年2月ブログデビュー 2009年からまったり今は外国産をメインにボーリンフタマタクワガタや他の外国産飼育も挑戦中。初めてブログなるものに手を出してみました。当ブログの画像を無断使用禁止します。

2019 . 12
|
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • フリーエリア
    プロフィール
    HN:
    にゃんぽん
    性別:
    男性
    職業:
    医療関係施設
    趣味:
    クワガタ飼育、スノボ
    自己紹介:
    群馬県在住で2女の父親です。
    2009年に長女が採ってきたノコギリクワガタをきっかけに親の自分がクワガタ飼育に没頭することになってしまいました。なにげにおもしろい!ここ最近は外国種がメインです。。
    ブログ村クワガタ部門
    ブログ村カブト部門
    カウント
    今の閲覧人数
    顔をクリックすると・・・w
    ありがた~い最新CM(コメント)
    [11/24 もっち]
    [11/04 もっち]
    [11/02 さかな]
    [10/27 のすけ]
    [10/26 もっち]
    [10/13 のすけ]
    [10/05 さかな]
    [09/21 のすけ]
    [09/20 のすけ]
    [09/17 のすけ]
    PVランキング
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    ブログ内検索
    カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    ご感想やご連絡はこちらへ
    なにかありましたらお気軽にどうぞ^^ ケータイドメインは指定にご注意を、フリードメインはプロバイダによる迷惑振り分けの可能性もあります。
    最新TB
    バーコード




    卒業式も終えて翌日になったらまた肌寒い気温です><

    あれだけ暖かかったのに・・・しまいこんでしまった毛布をまた当日のうちに出してしまうという。。。



    ウエストウッディ原名亜種。

    冬時期ですが、羽パカ、しかもかなりC状態メスで、温度低くてもかなり活発だったので試しに産卵セットに投入してました。

    それに合わせて小さいオスが活発なってたので、ある意味タイミングはよかったのかな^^

    うまく交尾はできてるかと思われる光景は見えたので、ほんと試しでダメもとで。


    セット内の材を確認してみると、なんとまぁ足場程度の砕かれた材に産んでましたよ><




    こんなものに産むとは。。

    とりあえずこの1個の卵を取り出して管理してみることにしました。


    どんなC状態な成虫でも産めるものは産めるものですね。

    少し気が楽になりました。


    その卵が採り出してから20日かからないくらいの期間で孵化してくれました。




    ラッキーですね^^ 

    とはいっても、こちらの親メスはC状態だし、立て続けに産卵していくとも限らないので様子をみていこうかと思います。





    そして同腹でもかなり遅れての羽化となったオスもいます。まだ蛹化してない幼虫もいますが、同時期同腹でもほんとうにズレますね~

    同腹でもすでに休眠1年近く経ってる個体もいるっていうのに。

    遅れて羽化したからといって、大きいわけではありません。






    羽化はズレ込むし、そして休眠期間もズレることもあるし、運という要素もある感じですね><

    拍手[2回]

    にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
    にほんブログ村 にほんブログ村 その他ペットブログ カブトムシへ
    にほんブログ村





    前回成虫の様子をupしましたけど、今回は幼虫と蛹です。


    こちらは前回の成虫と同腹、別ラインでも同時期に孵化した個体です。


    同じマット、同じような温度で飼育していてもこんなにずれ込むんですよね。


    なのでやっぱりある程度の個体を確保しておかないと累代するにはキツイところもあるかもしれませんね~



    今回は外からはまったく様子が見えないボトルを掘ってみました。

    交換時から6ヶ月~8ヶ月くらいのボトルです。



    まず見えてきたのは蛹!!





    続いてのボトルは幼虫!!








    無難にマットで飼育しております^^


    中にはシワシワの前蛹がいたので、そこはそっと掘り作業はやめておきました。

    拍手[1回]

    にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
    にほんブログ村 にほんブログ村 その他ペットブログ カブトムシへ
    にほんブログ村





    いろんなクワカブに手を出してはみても、このクワガタだけは絶やさずになんとか飼育しております。


    ウエストウッディ原名亜種

    去年に羽化してる個体群が蛹室を崩して掘り進んでいたり、表面に出てきてたりと見えたので、成虫用のマットに取り替える作業をしました。


    サイズの大きめの個体はまだまだ蛹室を崩さずにそこにいるようですね。

    サイズの小さめの個体が行動してきたようです。まぁ無理やり寝かさずにこのまま様子をみようかなとも思います^^



















    一番小っちゃいオスは、50㎜ほどしかありませんでした~~

    同腹、同じ温度帯、同じマット、それでも他のクワカブ同様に羽化サイズに差が出ますね~

    今回このように少し動きが出始めてるのは、いくつかのラインです。

    てか、今回の羽化個体ではオスが少ない~~~


    成熟が大事なんでしょうから、ちょっと動いてきたからとあえて温度上げずに自然にまかせていこうと思います。


    拍手[1回]

    にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
    にほんブログ村 にほんブログ村 その他ペットブログ カブトムシへ
    にほんブログ村



    もっちさん^^
    拍手コメントは公開されないので、こちらにて返信いたします。
    いつも閲覧ありがとうございます。ちょっとでも幼虫がいるってことがラッキーと考えていきましょうかね♪

     
     
    秋に1メスだけを使ってブリードに挑戦していたウエストウッディ原名亜種です。


    いくつも卵は採れたのですが、けっこうな割合でダメになっていきました。

    いつものやり方での卵管理でしたけども、何かうまくなかったのかな。


    孵化したのは数頭だけでした。


    あまりにも数が少なかったので、その幼虫も孵化したときのマットのまま放置しておりました。

    なにげにそれらのカップを見ると、幼虫の姿が見えていたので期待を持ちながらマット交換することにしました。










    こうやって生き残った幼虫はすべて2令になりたてになっていました。


    ここ数年、ウッディもボーリンも羽化まではマットオンリーで飼育してます。


    やっぱり成長過程としては安定してますね^^

    ただ、途中で淘汰される幼虫もいますが、気になるほどではありません。


    さて、、また春に向けてブリードできそうな個体もいるし、今度のは季節的にも少しは期待したいところです。


    拍手[2回]

    にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
    にほんブログ村 にほんブログ村 その他ペットブログ カブトムシへ
    にほんブログ村




    いくつか孵化してきてるのを確認できてる今期のウエストウッディ原名亜種。


    保管してる卵がまたひとつ孵化してるのを確認できました^^


    この調子でほかの卵も孵化してくれればいいんですけどね~~


    メスはもう元気がなくなってる感じですので、もう産卵については期待してません((+_+))








    オスはチビなくせにまだ元気いっぱいです♪



    そして休眠組がいるエリアを見たら、あれ??表面に出てるメスがいたぞ・・・






    たまたま身体が固まって寝床を探して動いたのか、、わかりませんが今はまた潜ってます。。。


    拍手[1回]

    にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
    にほんブログ村 にほんブログ村 その他ペットブログ カブトムシへ
    にほんブログ村
    Script:Ninja Blog 
    Design by:タイムカプセル