忍者ブログ

2012年2月ブログデビュー 2009年からまったり今は外国産をメインにボーリンフタマタクワガタや他の外国産飼育も挑戦中。初めてブログなるものに手を出してみました。当ブログの画像を無断使用禁止します。

2017 . 11
|
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • フリーエリア
    プロフィール
    HN:
    にゃんぽん
    性別:
    男性
    職業:
    医療関係施設
    趣味:
    クワガタ飼育、スノボ
    自己紹介:
    群馬県在住で2女(10歳、5歳)の父親です。
    2009年に長女が採ってきたノコギリクワガタをきっかけに親の自分がクワガタ飼育に没頭することになってしまいました。なにげにおもしろい!ここ最近は外国種がメインです。。
    ブログ村クワガタ部門
    ブログ村カブト部門
    カウント
    今の閲覧人数
    顔をクリックすると・・・w
    ありがた~い最新CM(コメント)
    [11/18 さかな]
    [11/13 さかな]
    [11/08 さかな]
    [11/03 もっち]
    [11/03 もっち]
    [11/03 Rovin]
    [11/03 さかな]
    [10/22 のすけ]
    [10/22 さかな]
    [10/18 さかな]
    PVランキング
    ブログ内検索
    カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1
    6 7 8 9
    13 14 15 16 17
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    ご感想やご連絡はこちらへ
    なにかありましたらお気軽にどうぞ^^ ケータイドメインは指定にご注意を、フリードメインはプロバイダによる迷惑振り分けの可能性もあります。
    最新TB
    バーコード



    前半はなかなか産卵行動しなかったメスですけど、セット環境をがらりと変えてみたら産み始めました。


    それもコンスタントに継続してたわけでもなく・・・


    せっかく産卵しても卵を確認すればまったく期待持てるような卵ではありませんでした。

    ↓ 水っぽくてテカってるような卵




    いくつか産卵はしてますが、、、




    今後の好転は期待できそうもないので、遊び感覚でオスと一緒にしておきました。


    大きいケースですが、オスはメスをちゃんと見つけるもんですね。




    これを見て、やっぱり個別がいいかな?と思って別居に戻しました。


    ↓ やっぱり状態の悪い卵が連発で出てきます・・・



    ねっとりと水っぽくてフニャフニャしてる卵です><


    そしてオスが急に死にました。

    出勤する時は元気にエサにがっついていたのですが、帰宅後に覗いてみると残念ながら死んでいました。


    ↓ 前脚が多分♀に噛み千切られたのだろうと思います。それからだいぶエサ食いも良く生きていたんですけどね~





    現在のメスはつかまるチカラも強くて皮膚に引っかかると痛いくらいですが、卵の状態はもう期待はできません。

    ということで、この種親でのセットは遊び気分で放置しながらの継続です~


    原名亜種の孵化が続いてる反面、カズミアエはうまくいきませんね。

    拍手[0回]

    PR

    にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
    にほんブログ村 にほんブログ村 その他ペットブログ カブトムシへ
    にほんブログ村
    Post your Comment
    Name
    Title
    E-mail
    URL
    Comment
    Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    こんばんは

    いきなりの突然死ってビックリしますね。

    さかな 2016/07/24(Sunday)20:09:38 Edit
    さかなさん^^

    こんばんは。
    ほんとですよ。朝は普通に動いていたのに帰宅したら死んでいましたからね~
    おなじ種類でもいつまでも生きてるものもいるし、その個体差でしょうね。
    さかなさんとこも、かなりの数を飼育してると思いますがそんな状況もあることでしょう。

    【2016/07/2420:23】
    Script:Ninja Blog 
    Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]