忍者ブログ

2012年2月ブログデビュー 2009年からまったり今は外国産をメインにボーリンフタマタクワガタや他の外国産飼育も挑戦中。初めてブログなるものに手を出してみました。当ブログの画像を無断使用禁止します。

2017 . 07
|
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • フリーエリア
    プロフィール
    HN:
    にゃんぽん
    性別:
    男性
    職業:
    医療関係施設
    趣味:
    クワガタ飼育、スノボ
    自己紹介:
    群馬県在住で2女(10歳、5歳)の父親です。
    2009年に長女が採ってきたノコギリクワガタをきっかけに親の自分がクワガタ飼育に没頭することになってしまいました。なにげにおもしろい!ここ最近は外国種がメインです。。
    ブログ村クワガタ部門
    ブログ村カブト部門
    カウント
    今の閲覧人数
    顔をクリックすると・・・w
    ありがた~い最新CM(コメント)
    [07/23 さかな]
    [07/17 めのじ]
    [07/12 さかな]
    [07/12 ひらえ]
    [07/09 めのじ]
    [07/03 さかな]
    [06/25 さかな]
    [06/22 さかな]
    [06/19 みかん]
    [06/17 さかな]
    PVランキング
    ブログ内検索
    カレンダー
    06 2017/07 08
    S M T W T F S
    3 4 5 6 7
    10 11 12 13
    18 19 20
    24 26 27 28 29
    30 31
    ご感想やご連絡はこちらへ
    なにかありましたらお気軽にどうぞ^^ ケータイドメインは指定にご注意を、フリードメインはプロバイダによる迷惑振り分けの可能性もあります。
    最新TB
    バーコード




    エアコンで温度を保っているとはいえ、冬も過ぎてクワカブも外気温を感じているのでしょうね。

    去年の夏場に採れているフォルスターフタマタ幼虫。

    50頭以上採れて、そのほとんどを放出していますが、自分用の幼虫も確保しています。


    マットと菌糸とで飼育しています。


    菌糸に入れてある幼虫がけっこう食い上がってきたのを見つけました。


    ↓ この菌糸は、GP菌糸という商品です。




    1400ccの菌糸をストックしていないので、その大きさの容器でマット飼育に切り替えました。


    幼虫の写真を撮るのをすっかり忘れて、マットに入れちゃいました。


    GP菌糸はヒラタケなので、我が家の環境では子実体が出ないからとても扱いやすいです。

    逆に、オオヒラタケはやけに子実体が出やすくて扱いづらいです。

    しかしFE菌糸はオオヒラタケでも、ウッディ用に使っているので、割り切って使っています^^
    なるべく子実体発生しないように心がけていますが、やはり温度差がかかるとすぐに子実体発生しちゃいます。

    拍手[0回]

    PR

    にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
    にほんブログ村 にほんブログ村 その他ペットブログ カブトムシへ
    にほんブログ村
    Post your Comment
    Name
    Title
    E-mail
    URL
    Comment
    Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    無題

    お久しぶりです。
    マットに移すと拒食しませんか?
    うちのは諦めました。
    タイミングが難しいです。

    ちゃま 2017/04/12(Wednesday)12:28:14 Edit
    ちゃまさん^^

    こんにちは。
    そうですね~、いまのところは拒食みたいな感じは見受けられません。
    逆にマットから菌糸へ移すと拒食する幼虫がいましたけどね~
    なんともその幼虫のタイミングなのでしょうかね~

    【2017/04/1218:05】
    Script:Ninja Blog 
    Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]